企業情報

CSR

私たちとサンゴ礁が共存する未来に向けて

私たちキヌガワグループが、これからも真剣に取り組まなければならないこと。それは、地球規模の環境視点から開発に取り組み品質を向上させることにあります。1998年の夏、世界各地の海で大規模なサンゴの白化現象が確認されました。白化(はっか)とはサンゴの体内に共生する褐虫藻が環境の悪化に伴い体内から逃げ出し、藻類の色素を失い白く見えることをいいます。白化は自然に解消される場合もありますが、もし長期間に及ぶとサンゴは死滅してしまい、その死骸がさらに海藻などに覆われ新しいサンゴも育たなくなり、やがてはサンゴ礁全体が死滅してしまいます。この白化現象が世界各地の海で確認されたのです。
この大規模な白化は、海水温の上昇が原因であったとされています。地球温暖化による海水温の上昇、海環境の悪化は私たち人間の生活環境の向上を求めた結果、出てきた弊害です。
これからの私たちは製品や生活環境の向上だけではなく、海環境や地球環境レベルでの質の向上を考えていかなければならないのです。地球上で最も大きな、生物の造った構造物・生命の象徴であるサンゴ礁を次の世代に残す為には、私たち1人ひとりができる小さなことからはじめなければなりません。気づいたこの時がはじめるべき瞬間なのです。

安全で楽しいダイビングは、海を自然をきちんと知ることから。インストラクターなどの指導のもと、ルールやマナーを正しく守って、セルフディフェンス及び環境保全に努めましょう。

賛同プロジェクト

1Dive 1Cleanup プロジェクト

海への感謝の気持ちを込めて、一緒に行動しませんか?
近年世界的な問題になっている「海洋プラスチックごみ」。このままでは2050年には魚よりも海洋プラスチックゴミの方が多くなると言われています。ごみは海洋環境や海洋生物に影響を与えるだけではなく、我々人間にもマイクロプラスチックとなり悪影響を及ぼすと懸念されています。
「1Dive 1Cleanup プロジェクト」はダイビング中にごみを見かけたら、1つでもいいから拾うことを当たり前にしていこうという活動です。一人一人のダイバーの力は小さいものですが、ダイバー全員が行うことで大きな力となっていきます。いつも楽しく遊ばせてもらっている海に感謝を込め、綺麗な海を後世に残せるように、我々(株)キヌガワの社員一丸となって取り組んでいます。
企画・運営:1Dive 1Cleanup プロジェクト実行委員会
主催:(株)水中造形センター

チーム美らサンゴ

自分たちの手でサンゴを植え付け、かつての水中景観を取り戻したい
沖縄県の恩納村でのサンゴ植え付けプログラムや啓発イベントを通じて、「美ら海を大切にする心」をより多くの人々に広げることを目的としています。
海で遊んでいるからこそ、海について知ること、自分たちができることを考えるということが必要になってきています。チーム美らサンゴの活動はノンダイバーからダイバーまで幅広い層が参加でき、その気付きを与えてくれる活動であると考えています。海を愛するすべての人が、海のためにできることを考えられるように我々(株)キヌガワもより多くの方に「美ら海を大切にする心」を伝えるべく取り組んでいます。
企画・運営:チーム美らサンゴ

キヌガワグループが目指す共生と調和